e-Clinic ProductsPotato Software, Inc.
商品紹介
e-Clinic HPのご紹介
e-Clinic
e-Clinic HP
HPの詳細情報
Clinicalflow Engine®
セキュリティについて
ワークキューについて
サポート情報
My電子カルテ
Design by Potato

e-Clinic HP

業務運用フローをシステムで実現するための「Clinicalflow Engine®」

最大の鍵「ワークフロー」

複数の作業者が複雑に関わる病院内の業務における、ワークフローの重要性について徹底的に考えた結果開発されたのが「Clinicalflow Engine(=CFE)®」です。
e-ClinicHPの最大の特長であり、システム構築の鍵になるワークフローをシステム上に実現するために、CFEの仕組みは必要不可欠です。多くの場合、病院システムは画面の集合体となりがちで、部門間・施設間などの連携には大きな課題を残しています。その結果、病院ごとに存在する特有の処理方法にシステムを合わせるよりも、システムに合わせて業務を変えなければならなかったり、システムの変更に伴ってプログラム自体の大きな改造が行われ、時間・費用の膨大なロスが発生してきました。

CFEを病院システムの主要なプラットフォームとすることで、業務システムを効率的に構築でき、既存のソフトウェア資産も有効に活用されるため、お客様にはワークフローを重視したe-ClinicHPをおすすめいたします。

CFEを使ったシステムと既存システムとの違いとは

現在の医療情報システムの環境では、構造的にお客様とメーカーとの間にある溝を埋めるのはたやすいことではありません。お客様としては、自らの病院や経営環境の特徴がシステムに活かされてほしいと願いますが、どこまで実現できるのかがみえません。一方、メーカーとしては「パッケージ」を各病院ごとに変更して導入しますから、既存のプログラムに病院独自のルールを載せなければならないことになり、対応には限界があります。

また、最近「業務改善」をうたう病院システムが増えていますが、その多くはシステム導入のために病院側で業務を「改善してください」、という意味合いが強いものです。しかし、実際に業務改善といっても2つのパターンを考えなければなりません。

  1. システム化のためには部分的に業務形態を再構築していただく必要がある
  2. 理由があって独自の業務フローや取り決めを設けており、上記とは反対にシステム側が病院のやり方に合わせたほうがよい

これら両方に柔軟に対応するため、弊社のご提案するシステムでは最善の手法としてワークフローエンジンを採用しています。

既存型のシステム

CFEを使ったシステム

Clinicalflow Engine参考資料

Clinicalflow Engineは、業務システムを構築するためのアプリケーションプラットフォームとして開発されたコンポーネントで、医療システム以外の分野の活用も可能です。

ページトップへ↑