e-Clinic ProductsPotato Software, Inc.
商品紹介
My電子カルテのご紹介
e-Clinic
e-Clinic HP
My電子カルテ
スナップショット
機能一覧
My電子カルテの使い方
製品についての発表
サポート情報
Design by Potato
My e-Clinic

My電子カルテの概要

My電子カルテe-Clinicの情報の一部を、患者さんが自宅のパソコンなどで見るために開発されたコンパクトなプログラムで、e-Clinicの機能の1つとして利用できます。携帯用のメモリーカードならどれでも、診療情報を書き込めますので、バージョンアップやサポートも問題ありません。家庭のパソコンで、メモリーカードの中にあるプログラムを起動させれば、自分の健康状態が簡単に確認できますし、家庭で書き込んだ情報を医療機関で取り込むことにより、問診などにも活用することができます。

→My電子カルテの研究・開発および著作権者について
→My電子カルテについての各種文献

My電子カルテの意義

自分で計測した情報の入力と、医療機関の相互情報や投薬情報を自宅のパソコンで閲覧することで、患者さんの健康意識向上を促します。

先生の机に置かれたe-Clinic電子カルテの端末。ペンタッチパネルで操作できる。横に、My電子カルテを書き込むための各種メディアリーダライタがあることにご注目。また、カラープリンタを置いて、患者さんにお渡しできる情報を即座にプリントアウト。これも電子カルテならではの大きなメリット。

My電子カルテの特長

様々なメディアに対応

メモリースティック、スマートメディア、コンパクトフラッシュ、SDメモリカードなど各種メディアにコンパクトなプログラムを格納します。

CSV形式で記録

患者さん本人でデータの追加・記入ができます。

データとプログラムを同時に記録

常に最新のプログラムを提供することができます。

※My電子カルテの説明については、東海大学医学部大櫛教授の監修・ご協力をいただいて構成しました。