My電子カルテについての各種文献

    (新着順・敬称略)
  • 大櫛陽一、原寿夫、遠藤郁夫、田代祐基、大島譲二、野原吉孝:
    医療消費者が自ら使う電子カルテ-「マイ電子カルテ」、月刊病院(医学書院)、50-53、2003年11月
  • 大櫛陽一:
    情報共有の時代、東海大学医学振興会会報(東海大学医学振興会)、48、17、2002年12月
  • 大櫛陽一、原寿夫、遠藤郁夫、田代祐基、大島譲二、野原吉孝:
    マイ電子カルテ(My e-clinic)、第22回医療情報学連合大会論文集(日本医療情報学会)、771-772、2002年11月14-16日、福岡アクロス
  • 大櫛陽一、原寿夫、遠藤郁夫、田代祐基、大島譲二、野原吉孝、永野綾:
    電子カルテおよび健診結果開示のための汎用健康カードシステム、診療録管理(日本診療録管理学会)、14(2)、98、2002(第28回日本診療録管理学会大会 奈良100年会館)
  • 永野綾、大櫛陽一、山田信夫、日極有紀子、秋山幸一、菅原理恵、保坂祐子:
    自己健康管理を支援する健康カードシステムの開発、医療情報学(日本医療情報学会)、22(1)、103-110、2002年4月 医療情報学シンポジウム2002.2002.06.01品川コクヨホール
  • 永野綾、大櫛陽一、山田信夫、日極有紀子、秋山幸一、菅原理恵、保坂裕子:
    自己健康管理を支援する健康カードシステム、医療情報学、21、Suppl.、第21回医療情報学連合大会論文集(日本医療情報学会)、587-588、2001年11月
  • 大櫛陽一:
    医療情報と電子メディア、ingelheimer(日本ベーリンガーインゲルハイム), 57, 32-33, 2001年10月
  • 大櫛陽一:
    保健医療情報システムの貢献、医療とコンピュータ(日本電子出版)、12(10)、16-19、2001年10月
  • 大櫛陽一、永野綾、山田信夫:
    伊勢原市の新健康カードシステム、病院(医学書院)、60(9)、820-822、2001年9月
  • 大櫛陽一、永野綾、山田信夫:
    メディアに依存しない新健康カードシステム、Proceedings2001-M Technology Associaion of Japan.(M Technology Associaion of Japan)、11-14、2001年8月
  • 大櫛陽一:
    これからの健康管理システム、けんこうさろん(ジェー・シー・シー)、No.134、9、2001年8月
  • 永野綾、大櫛陽一、山田信夫:
    伊勢原市新健康カードシステム、医療とコンピュータ(日本電子出版),12(7),17-21,2001年7月
  • 大櫛陽一、永野綾子:
    新・健康カードシステムを開発、東海大学新聞(学校法人東海大学)、794号、2001.04.20
  • 大櫛陽一、岡田好一、堀江政伸、増田啓介:
    光カードによる地域健康カードシステム10年目の評価、病院管理(日本病院管理学会)、37(Suppliment 第38回日本病院管理学会学術総会演題抄録集)、188、2000(2000.11.08)
  • 大櫛陽一、岡田好一、堀江政伸、増田啓介:
    光カードにる地域健康カードシステム10年目の評価、病院管理(日本病院管理学会)、37(Supplement)、188、2000年9月
  • 大櫛陽一:
    医療における情報開示-電子カルテと光カード、東海大学新聞(学校法人東海大学新聞編集委員会)、746号、1998.12.20
  • 大櫛陽一、岡田好一:
    在宅医療を支援する情報システムの開発、在宅医療(日本医学中央会/メディカル・コア)、5(6)、47-51、1999年6月
  • 大櫛陽一、大島誠一、遠藤郁夫、山ノ内南珍、大島譲二、大洞敦子、岡田好一、足立光平:
    プライマリ・ケアを支援する医療情報システム、埼玉県医学会雑誌、33(臨時増刊号)、75-106、1999年3月
  • 後藤顕也、赤川雅樹、大櫛陽一、荻野泰男、川中子 肇、桐谷俊雄、黒岩政夫、越塚栄人、五所野尾博行、斉藤八郎、藤平嘉行、中島義夫、野田和男、橋爪邦隆、平井浩、増田岳夫、吉田至宏、堀切賢治:
    光メモリカード-直線記録方式-情報交換用データ様式JIS X 6332:1999、日本規格協会、東京、1999年1月
  • 金子泰久、大門宏行、白男川史郎、田代祐基、東福寺幾夫、萩野康男、大櫛陽一:
    保健・医療・福祉用光カード記述規格、第18回医療情報学連合大会論文集(日本医療情報学会)、598-599、1998年11月
  • 大櫛陽一:
    光カードを用いた保健医療カードシステムの現状と今後、第18回医療情報学連合大会論文集(日本医療情報学会)、50-51、1998年11月 シンポジウム
  • 堀口雅巳、石倉千代治、石塚英夫、大櫛陽一、堀江政伸:
    光カードを利用した施設間連携における薬局の役割、医療情報学(日本医療情報学会)、18(3),281-283,1998年10月
  • 堀口雅巳、石倉千代治、石塚英夫、大櫛陽一、堀江政伸:
    光カードを利用した施設間連携における薬局の役割、第9回光カード医学会論文集(日本光カード医学会)、28-29、1998年10月
  • 田代祐基、原寿夫、大島譲二、遠藤郁夫、白男川史郎、平井浩、芦刈明、坂井譲、飯島康典、大櫛陽一:
    プライマリ・ケアと光カード、第9回光カード医学会論文集(日本光カード医学会)、25-25、1998年10月
  • 大櫛陽一、金子泰久、大門宏行、東福寺幾夫、荻原康男:
    光カードの標準化、第9回光カード医学会論文集(日本光カード医学会)、23-24、1998年10月 パネルディスカッション
  • 平井浩、白男川史郎、大櫛陽一、田代祐基、大島譲二、原寿夫、遠藤郁夫、蓮田清、吉岡博之:
    光メディカルシステムの開発と現状、第9回光カード医学会論文集(日本光カード医学会)、14-15、1998年10月1998-081522-0141
  • 後藤顕也、赤川雅樹、大櫛陽一、荻野泰男、川中子 肇、桐谷俊雄、黒岩政夫、越塚栄人、五所野尾博行、斉藤八郎、藤平嘉行、中島義夫、野田和男、橋爪邦隆、平井浩、増田岳夫、吉田至宏、堀切賢治:
    光メモリカード-直線記録方式-論理データ構造 JIS X 6331:1998 (ISO/IEC 11694-4:1996)、日本規格協会、東京、1998年8月
  • 大櫛陽一:
    地域医療と情報化、医療とコンピュータ(日本電子出版)、9(10)、3-6、1998年10月1998-081522-0121
  • 堀口雅巳、石倉千代治、石塚英夫、大櫛陽一、堀江政伸:
    光カードを利用した施設間連携における薬局の役割、医療情報学(日本医療情報学会)、18、Suupl.,57-58,1998年8月第2回日本医療情報学会シンポジウム(韓国、ソウル)
  • 大櫛陽一:
    新たな診療支援システムの開発-電子カルテと光カードの統合システム、薬事日報、9007、19-19、1998.07.13.
  • 山崎寛一郎、桂保平、大島誠一、大櫛陽一、岡田好一、大島譲二:
    プライマリ・ケアを支援する医療情報システム、プライマリ・ケア、63、1-6、1998年4月
  • 大櫛陽一:
    カードで広がる電子カルテの可能性、メディカル朝日(朝日新聞社)、27(5)、29-32、1998年5月
  • 大櫛陽一:
    カードによる電子カルテの可能性、新医療、24(12)、131-134、1997年12月
  • Y.Okada, Y.Ogushi and H.Ishikawa:
    Self measurement and management system of blood pressure on optical memory card for health and welfare. Health Cards '97, IOS Press, Amsterdam, 1997年11月 235-237 ISBN 905199379X,4274901920C3047 ISSN 0926-9630
  • Y.Ogushi, Y.Haruki, Y.okada, S.Shiraokawa and H.Hirai:
    Development of a clinical information system using optical memory cards. Health Cards '97, IOS Press, Amsterdam, 1997年11月 181-183 ISBN 905199379X,4274901920C3047 ISSN 0926-9630
  • Sakashita Y, Ogushi Y, Okada Y, Ohta Y, Hatashi Y, Suzuki S, Haruki Y and Takahashi T:
    Computing and Collaborative Care (Yearbook of Medical Informatics1997), Health and welfare data on optical memory catds in isehara city. 1997, Schattaruer, Stuttgart Germany, 1997年11月 pp245-255 ISBN 3-7945-1814-4 ISSN 0943-4747
  • 大櫛陽一、白男川史朗、平井浩:
    光カードを使った医療情報システム、バーコード、10(13)、19-22、1997年11月
  • Yoshikazu OKADA, Yasuo HARUKI, Yoichi OGUSHI, Masanobu HORIE:
    Personal Health Data on Optical Memory Cards in Isehara City. Personal Medical Information - Security, Engineering and Ethics, 195-198,Springer-Verlag, Berlin, 1997年8月ISBN 3-540-63244-1
  • 大門宏行、大櫛陽一、白男川史郎、平井浩:
    光カードを利用した診療支援システムの構築、Proceedings'97 of M technology Association of Japan. 20-21,1997年7月
  • 石川晴美、栗田由美子、大櫛陽一、春木康男、岡田好一、堀江政伸、坂下祐子:
    光カードシステムの評価-ホルダーの受診率と健康レベル、第16回医療情報学連合大会論文集、760-761、1996年11月
  • 岡田好一、石川晴美、栗田由美子、坂下祐子、堀江政伸、春木康男、大櫛陽一:
    保健福祉光カードに連携した自動血圧計システムの作成と今後、第16回医療情報学連合大会論文集、708-709、1996年11月
  • 大櫛陽一、栗田由美子、坂下祐子、春木康男、岡田好一、堀江政伸:
    光カードとサブノートブックによる保健指導システム、保健医療福祉情報システムフォーラム’96抄録集、25、1996年3月
  • Y.Sakashita, Y.Ogushi, Y.Okada, M.Horie, Y.Ohta, Y.Hayashi,S.Suzuki, Y.Haruki and T.Takahashi:
    Health and welfare data on optical memory cards in Isehara city. Medical Informatics, 21(1), 69-80, 1996.(Jan-Mar)
  • Yoshikazu OKADA, Yasuo HARUKI, Youichi OGUSHI, Masanobu HORIE:
    Personal Health Data on Optical Memory Cards in Isehara City.Proceedings of Personal Information Security, Engineering and Ethics, The Isac Newton Institute, University of Cambridge, Cambridge, 21-22, 1996. (June)
  • 大櫛陽一:
    患者さん中心の医療に欠かせない”道具”としての保健医療カード、あさひView、4(4)、9-10、1996年4月
  • 大櫛陽一、栗田由美子、坂下祐子、春木康男、岡田好一、堀江政伸:
    光カードとサブノートブックによる保健医療システム、保健医療福祉情報システム-フォーラム’96-抄録集、25、1996年3月
  • 大櫛陽一:
    すこやかカードの成果と今後の課題、新医療、23(1)、121-123、1996年1月
  • 大櫛陽一:
    日本における光カードの保健医療福祉への応用、中華民国台湾医学会第八818回総会-第84年台湾区医学会総合学術講演会-論文集、中華民国台湾医学会、台北、1995年11月、6-15
  • Horie M, Ogushi Y, Okada Y, Sakasita Y, Ohta Y, Hayashi Y and Suzuki S:
    Optical Memory Card for Community Health and Welfare in Isehara. Health Cards '95, IOS Press, Amsterdam, 1995. 264-268 (October)
  • Ogushi Y, Misawa T, Hayashi Y, Ohta Y, Suzuki S, Horie M and Sakashita Y:
    Regional Medical Information Network Using Optical Memory Cards and Integrated Services for Digital Network. Proceedings of the Eighth World Congress on Medical Informatics, 1535-1537, 1995年7月
  • 大櫛陽一、岡田好一:
    カードシステムとネットワーク、Medical Technology、23(10)、925-929、1995年9月
  • 大櫛陽一、三澤哲夫、堀江政伸、坂下祐子、太田保世、林芳弘、鈴木荘太郎:
    光カードとISDNによる医療画像連携システム、新医療、242、57-59、1995年2月
  • 大櫛陽一:
    ニューメディアと医療画像システム、呼吸と循環、43(1)、3-6、1995.1
  • 坂下祐子、堀江政伸、大櫛陽一、三澤哲夫、林芳弘、石川晴美:
    地域の保健・医療・福祉の連携に果たすカードメディアの役割、第14回医療情報学連合大会論文集、76、1994年11月
  • 大櫛陽一、三澤哲夫、太田保世、林芳弘、鈴木荘太郎、堀江政伸、坂下祐子:
    光カードとISDNによる医療画像を中心とした医療機関連携システム、第14回医療情報学連合大会論文集、479-480、1994年11月
  • 横山公通、松木秀明、大櫛陽一、坂下祐子、倉重葉子、堀江政伸、春日斉:
    老人保健法基本健康審査へのニュー・メディアの利用、日本公衆衛生雑誌、41(10)特別号、972、1994年10月
  • 大櫛陽一、三澤哲夫、堀江政伸、坂下祐子、太田保世、林芳弘:
    光カードの医療応用とそのネットワーク化、Clinical Engineering、5(6)、428-433 、1994.6
  • 大櫛陽一:
    ニューメディアによる医療機関のネットワーク化と病診連携モデルルート246健康福祉フォーラム平成5年度事業報告書、ルート246フ ォーラム研究会、19-30、1994.3
  • 松木秀明、大櫛陽一、坂下祐子、倉重葉子:
    伊勢原市におけるニューメディアの保健・医療サービスへの応用と老人保 健法基本健康審査受診率の推移東海大学医療技術短期大学総合看護研究施設年報第3号、21-26、東海大学医療技術短期大学総合看護研究施設、1994.3.28
  • 大櫛陽一:
    光カードとISDNによる病診連携病診連携調査開発モデル事業報告書、T.1-26、1994.3
  • Y.Ogushi, M.Horie, Y.Sakasita and k.Hirayama:
    OPTICAL MEMORY CARD UTILIZATION FOR REGIONAL HEALTH AND WELFARE.Toword on Erectoronic patient record 94:Tenth International Sympo- sium on creation of Electronic Health-record systems and Sixth Global congress on patient cards, 270, 1994.3、ワシントン
  • 大櫛陽一:
    地域健康カードシステムの現状と課題.第13回医療情報学連合大会論文集、108、1993.11.27
  • 大櫛陽一:
    ICカード・光カードによる地域保健ネットワーク.生活教育、37(10)、50-52、1993.10.15
  • 大櫛陽一、林芳弘、太田保世:
    ニューメディアによるシステム化.日本呼吸管理学会誌、3(1)、19、第3回日本呼吸管理学会学術集会 シンポジウム1993.6.30発行、1993.7.31-8.1、東京、笹川記念会館
  • 松木秀明、加納川栄子、大櫛陽一、坂下祐子、倉重葉子:
    伊勢原市における人口動態とニューメディア利用の可能性、東海大学医療技術短期大学総合看護研究施設年報第2号、東海大学医療技術短期大学総合看護研究施設、平塚市、38-44、1993.3.15
  • 大櫛陽一、堀江政伸、太田保世、坂下祐子、鵜飼恒雄:
    光カードによる保健・福祉・医療情報システム、第16回大阪大学BME研究会コロキアム講演論文集、65-70、1993.2.5
  • 大櫛陽一:
    伊勢原市における健康カードシステム、第25回光カード利用研究会、講演、1993.1.28
  • 坂下祐子、大櫛陽一、太田保世、堀江政伸、比企野雅典、鵜飼恒夫、栗田由美子:
    伊勢原市における健康管理システム、第12回医療情報学連合大会論文集、55-56、1992.11.26-28、神戸
  • M.Horie, Y.Ota, Y.Ogushi, S.Suzuki, Y.Nomoto, N.Nakamura, S.Hinohara, Y.Nakamura:
    Health information system using optical memory Cards:the Isehara experience.Proceedings of the Seventh World Congress on Medical Informatics, 359-361, 1992.9、6-10、スイス
  • Y.Ogushi, M.Horie, Y.Ota, S.Suzuki, Y.Nomoto, N.Nakamura, S.Hinohara, Y.Nakamura:
    Health information system using optical memory Cards in Isehara. MEDINFO 92, 7th World Congress on Medical Informatics.1992.9.6-10、スイス
  • 林芳弘、太田保世、大櫛陽一:
    光カードを利用した医療情報システムの試み、第三回神奈川県在宅呼吸管理研究会、1992.7.4
  • 坂下祐子、大櫛陽一、太田保世、堀江政伸、栗田由美子:
    光カードによる地域健康管理システム、プライマリ・ケア、15(特別号)、93、1992.6.14