e-Clinic ProductsPotato Software, Inc.
商品紹介
電子カルテシステムの詳細
e-Clinic
スナップショット
画面イメージ
ユーザーズボイス
導入に至るまで
よくあるご質問
製品についての発表
サポート情報
e-Clinic HP
My電子カルテ
Design by Potato

受付窓口の「医療事務システム」とのネットワーク接続

  • 保険証、アレルギー、既往歴、家族既往歴、予防接種、薬歴、禁忌薬剤、検査歴、リハカルテといった患者情報の共有、各種情報の一元管理ができます。
  • 診察室から患者基本・保険情報の参照と更新ができます。
  • 診察室から受付状況を照会できます。
  • 転記などで生じる人的ミスを防ぐことができます。
  • 保管スペースやカルテを持ち運ぶ手間を省略できます。

簡単な診療データ入力

  • タッチパネル上での操作に適したインターフェース設計になっていますので、キーボードを使わず画面に触れるだけでも簡単に入力できます。(キーボードやマウスでの入力に慣れておられるお客様の場合、あらかじめ予想できるフレーズや用語を辞書登録し、キーボードを併用していただくと使い勝手はさらに良くなります)
  • 各項目(主訴、所見、方針、投薬、検査、画像検査、注射、診断、診察等、処置・手術、指導)のボタンがコンパクトにまとまって使いやすくなっています。
  • 投薬や検査等の入力は共通セットによりワンタッチでできます。
  • セットは自由に設定可能で、患者さん毎のセットやDO入力ができます。

インフォームドコンセントの実現

  • レントゲンなどの画像取込や検査結果を日順でグラフ表示できますので、その推移を見ながらトータルに患者さんの健康状態が把握できます。
  • 画面診察による視覚的アドバイスができます。

安心なサポート体制

  • 導入時にはインストールや動作確認、操作指導など、当社の専門スタッフが徹底したサポートを行います。
  • 導入後、万一トラブルが発生しても、オンラインによるリモートメンテナンスで迅速に対応します。
  • バージョンアップや法改正の対応に素早く対応します。

医事インターフェースを標準搭載

  • 業界標準医事インターフェースを採用していますので、CLAIM対応の他社レセコンとも接続できます。(CLAIM形式)
  • CLAIM形式のテキストファイルとして、外部に取り出すことも、外から読み込むことも可能で病診・病病連携など多施設連携に対応できます。

外注検査センターとのデータ交換

  • 外注検査センターとの検査依頼や検査結果はFDで迅速かつ正確に処理できます。

豊富な定型フォーマット

  • 診療情報提供書、在宅医療計画書、院外処方箋、診断書のフォーマットを標準搭載しています。