e-Clinic ProductsPotato Software, Inc.
商品紹介
商品のご紹介
e-Clinic
e-Clinic HP
My電子カルテ
Design by Potato

弊社がリリースする医療系ソフトウェア・システムは、すべてe-Clinicという名称がつけられ、「e-Clinic Products」を構成しています。現在リリースを予定しているものも含め、e-Clinic製品をご紹介します。

つかいやすい・安価な導入コスト・拡張性と互換性

For Customer

医療を取り巻く環境はこの数年で激変し、医療機関における情報システムの役割が今、大きくクローズアップされています。国家を挙げたIT化へ向けた動きの中で、弊社が掲げるコンセプトは、「やさしい、つかいやすい」システムを追求することです。医療ソリューション・ベンダーとして、私たちはお客様が本当に必要とする製品・サービスをご提案・ご提供いたします。

e-Clinic Productsのご紹介

クリニック用電子カルテシステム

e-Clinic

クリニック用医療事務システム

e-Clinic

診療情報ビューア

My電子カルテ

病院情報システム

e-Clinic HP

e-Clinic Productsの製品セグメント

e-Clinic Productsの製品セグメント

クリニック用電子カルテシステム/医療事務システム

e-Clinic e-Clinic

電子カルテを導入し、IT化を進めるクリニックが増える中、「実際に導入するとしたらどれがいいの?」と迷っておられるお客様も多いはずです。弊社は、スピードを重視する外来診療業務の効率化を支援し、患者さんに最適なサービスを提供するため、診療支援システム「e-Clinic」を開発し、多くの医療機関にご利用いただいています。

●データベースへの高速アクセスで、快適操作を体感

デモをご覧になったお客様から頻繁にお聞きするのが「レスポンスが非常に速い」という感想です。
e-Clinicでは、データベースのデータ容量の増加量がとても少なく、年数経過にともなうパフォーマンスダウンもほとんどありませんので、いつまでも快適な操作性を体感していただけます。

●シンプル・簡単操作のマルチメディア機能

参考となる各種画像、患者さんごとの画像を手軽に保存・参照できるため、インフォームドコンセントなどに利用できます。

●CLAIM接続により広がる拡張性、互換性

CLAIMについてはこちら

これまでは、各メーカー間での互換性は全くなく、たとえば電子カルテを新たに導入するためには、今まで使っていたシステムをすべて入れ替えるか、またはすべてのシステムを今までのメーカーから購入する必要がありました。
そのため、お客様がもっとも望まれるシステム(電子カルテ・医事会計)を選択することができるように弊社では業界標準のCLAIMインターフェースを利用し、他社製品とのご完成をいち早く実現しています。現在開発中のORCAをはじめ、他社との接続製品は2003年以降順番に登場する予定です。

もちろん、弊社製品の医療事務システムe-Clinic+plusにも標準でCLAIMが実装されており、e-Clinic電子カルテと接続することができます。

e-Clinic詳細

e-Clinic用医療情報連携アプリケーション

My電子カルテによる、医療情報連携

My電子カルテは、患者さんの健康管理や意識の向上のための一手段として、自分で計測した情報の入力と、医療機関の検査情報や投薬情報を、自宅のパソコンで閲覧するためにつくられました。コンパクトフラッシュやスマートメディアなどのメモリーカードに、診療情報とコンパクトなプログラムを格納しており、患者さんや他の医療機関は、いつでもその情報を見ることができます。

My電子カルテ詳細

病院情報システム

病院版電子カルテシステム

e-Clinicの使いやすさはそのままに、小中規模の病院で利用できるよう拡張したシステムがe-Clinic HPです。このシステムにより、院内の業務効率や安全性の向上、他部門との連携を実現し、病院全体のパフォーマンスを高めることが可能になります。

e-ClinicHP詳細

ページトップへ↑