e-Clinic ProductsPotato Software, Inc.
商品紹介
e-Clinicスナップショット
e-Clinic
スナップショット
画面イメージ
ユーザーズボイス
導入に至るまで
よくあるご質問
製品についての発表
サポート情報
e-Clinic HP
My電子カルテ
Design by Potato

e-Clinicスナップショット

e-Clinicを実際に使ってみる

電子カルテを導入し、IT化を進めるクリニックが増える中、「実際に導入するとしたらどれがいいの?」と迷っておられるお客様も多いはずです。弊社は、スピードを重視する外来診療業務の効率化を支援し、患者さんに最適なサービスを提供するため、電子カルテ「e-Clinic」を開発し、多くの医療機関にご利用いただいています。

カルテ画面
■入力画面までワンクリックでダイレクトに移動!

カルテ画面上の、任意の場所をクリックするだけで入力・修正ウィンドウにダイレクトに移動し、非常に簡単に作業が行えます。

患者画像
■シンプル・簡単操作のマルチメディア機能

参考となる各種画像、患者さんごとの画像を手軽に保存・参照できるため、インフォームドコンセントなどに利用できます。

処方入力
処方入力拡大
■視認性向上のため、フォントサイズを拡大

ディスプレイから離れても情報全体を把握できるよう、必要な項目・見出し・メニュー・データなどについてフォントサイズを最大限大きく、見やすくしています。

処方入力
■投薬、注射、検査なども素早く入力

投薬、注射、検査、処置、手術などは、セットや患者さん独自のDOセットによりワンタッチで入力できます(画像は検査入力)。

検査グラフ
検査レーダーチャート
■グラフ表示もワンタッチ

検査データを時系列表示します。最高9年間の折れ線グラフやレーダーチャートグラフ表示ができますので、患者さんの一貫した健康管理や指導にも大きく役立ちます。あわせて同一画面上で投薬内容の 確認も容易に行えます。

所見
■シェーマを標準装備

手書きと同じように線を引いたり、色を付けたり、文字を書いたりすることができます。所見画像入力のワークスペースの下には、いつも使うシェーマを並べるておき、ドラッグ&ドロップで貼り付けるだけのスピード入力が可能です。

カルテ完成
■カルテの完成!

誰にでも見やすいカルテがこうして完成します。完成したカルテは主訴や所見をはじめ、投薬、検査、アレルギーなどの内容が非常に見やすく整理されています。


医事
■医事インターフェースを標準搭載

CLAIM接続による医事インターフェースを搭載していますので、e-Clinic医事システムを接続すれば、受付から会計まで自動処理が可能になり、院内の業務がより効率的に行えます。

ページトップへ↑